「略奪された花嫁」7話のネタバレ・感想!

スポンサーリンク

LINEマンガの人気作品「略奪された花嫁」7話のネタバレ・感想です!

←前回今回次回→
6話7話8話

全話ネタバレ一覧はこちら

ちなみに、下記の記事は韓国語で「略奪された花嫁」を先読みできます

スポンサーリンク

「略奪された花嫁」7話のネタバレ・感想

変な人

前回は、ルシナが天然痘と疑われてしまった所で終わりましたね

ハカンは言った「落ち着けルシナ。ゆっくり話してみろ。理解するまで聞いてやるから」

ルシナはゆっくり説明することができた

私の話を真摯に聞いてくれた人は初めてだった

誤解が解け、ハカンとルシナは仮屋に戻った

すると、ハカンの部下が仮屋に入ってきてこう言った「大王!誘拐犯たちが自白しました。男爵夫人にそそのかされたとのことです。自分の娘を取り戻したかったのでしょう」

「ルシナの家族だから生かしてやったというのに、、、今すぐ戻って城の人間に全員焼き尽くし見せしめにしてやる!」とハカンは怒りを露わにした

ルシナは、ハカンの腕を掴み「全員!?」と言った

「すまないがお前の家族でも例外はない。メザルクを侮辱するだけでは飽き足らず大王の花嫁にまで手を出そうとしたんだぞ!」

「それはそうですが、罪のない領地民までも全員殺してしまうのは」

「お前の母と兄が死ぬのは構わないのか?」

男爵夫人は実の母親じゃないけど、、、側女の子だと話すべきかしら?

いや、あの頃に戻りたくない、、、実の娘のフリをしなきゃ

ルシナは土下座をしながらこう言った「母と兄を殺さないでください!私の大切な家族なんです」

ハカンはルシナに顔を近づけ「助けたら何をしてくれるんだ?大王の花嫁を奪おうとした者たちをただで許すわけにはいかないだろ」と言った

「あ、、、あなたが望むことならなんでもいたします」

この目をみるとあの子供のことがやたらと思い浮かび、ぞんざいにできなくなる

「俺の望みを何でも聞くと確かに言ったよな?じゃあ俺に口づけをしろ」

そのまま二人は、キスをした、、、

ハカンは部下に言った「ルシナの熱が下がり次第王宮に行くぞ。解熱剤と食べやすいものを準備しろ」

ハカンはルシナを寝かせ、機嫌よく仮屋を出た

なんであんなにご機嫌なんだろう?私がキスしたから?

発疹のせいで醜い状態だというのに

変な人ね、、、

以上、7話でした!

次回も楽しみですね!

新規登録キャンペーン実施中【Amebaマンガ】
\100冊まで40%OFFクーポン配布中/

←前回今回次回→
6話7話8話

全話ネタバレ一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました